logo

調査・証拠収集は探偵へ!

浮気調査・企業調査・素行調査等のあらゆる行動調査はお任せを。その他、盗聴器発見調査や各種調査に対応しております。 「こんな相談なんだけど・・・」といったことも、まずはご連絡ください。ご相談は無料です。

浮気調査で差がつく部分

浮気調査は探偵によって差がある?

浮気調査は探偵にとってポピュラーな調査といえます。

それだけに、実は浮気調査の大まかな方法や手順に各社大きな差はありませんでした。

しかし、特にここ数年で、現場レベルでもご依頼者が手にする報告書レベルでも大きな差が出来てきています。

浮気調査は行動調査がメインであるため、尾行・張り込み・撮影が主です。

尾行において各探偵で大きな差はみられないといっていいでしょう。


探偵の浮気調査で調査力は張り込みで差が出る?

張り込みは近年特に大きな差が出来ています。

調査の多くの時間を占める部分であり、大変重要な部分です。

張り込みが厳しい場所は多くあり、各社昔から様々な方法で対応してきました。

昔からある手法の問題点は場所により周囲の警戒を避けきれないところと、 調査対象者の確認・捕捉が通常より難しいため、調査期間がかかってしまうということでした。

近年技術的なブレイクスルーがあり、弊社では新たな手法が確立しています。

張り込みが上手くいくことで調査対象者への警戒を避けて調査ができ、 結果的に少ない時間数でお安く調査することが可能となります。

昔からの手法でさえ企業秘密として現在も主力として活用している探偵社が多い中、 弊社ではいち早く最新の手法を研究・開発し取り入れております。

弊社と似た手法であっても対応できている探偵はとても少ないため、大きな差といえます。

関連リンク
証拠取得までに必要な技術・張り込み編

浮気調査での撮影の差

撮影においてもここ数年で大きな差がみられます。

例えば映像業界では一部シネマカメラからミラーレスカメラでの撮影に撮影機材を替えたといったことが起きました。

コンパクトデジタルカメラでは高級機と言われる撮像素子(イメージセンサー)のサイズで1型のものが各社から数多くでて久しい状況です。

カメラ業界では各社ミラーレスカメラのフラッグシップ機を出し始め、一眼レフからミラーレスへの大きな流れができてきています。

探偵以外のカメラにかかわる業界でブレイクスルーがこれだけ起きているのです。

当然、探偵においても技術革新の波は起きるはずなのですが、業界全体としてはかなり遅れているのが実情であり、 大きな差ができている部分です。

たしかに、新しい物=探偵に有用な物とは必ずしも言えません。

新しい物であるが故に古い物より探偵にとっては厳しいものとなってしまったものももちろんあります。(民生機ビデオカメラの撮影素子サイズの縮小など)

10年前に名機とされたビデオカメラが最新のビデオカメラより「探偵にとっては」いい部分もあります。

しかし、向上心を持ち、探偵用にと研究を惜しまなかった弊社ではカメラにかかわる業界でブレイクスルーの波を利用し、 これまでと比較にならないレベルでの証拠画像映像を撮影しています。

その差は10年分以上のものがあります。

特に浮気調査は暗所での撮影が多く、動いている人という「動体」が被写体となります。

撮影機材に対する知識・経験を持つことは大前提ですが、暗所と動体の撮影は撮影機材が重要と言えます。

弊社は大切な証拠を取得するための撮影機材にこだわり続けており、証拠撮影力という大切な部分で大きな差があると自負しております。

関連リンク
証拠取得までに必要な技術・撮影編
浮気調査での探偵の選び方

浮気調査案内

日本全国対応実績あり

浮気調査の内容・方法・手順

浮気調査の内容・方法・手順

浮気調査の具体的な流れなど。

浮気調査の費用

浮気調査の費用

浮気調査の費用はどのように決まっているのか、相場など。

浮気調査を自分で

浮気調査を自分で

浮気調査を自分で行う場合に必要なものなど。

浮気調査がバレる

浮気調査がバレる

浮気調査がバレるときはどういったときか。

浮気調査で差がつく部分

浮気調査で差がつく部分

たくさんの探偵業者の中で浮気調査ではどのような違いがでるのかなど。

浮気調査での探偵の選び方

浮気調査での探偵の選び方

探偵の情報で表に出ている正確な情報はなかなかないのが実情。